仮宿 - 正悟亭ブログ

3D作ったり、絵描いたりしてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DMM 3Dプリントの見積もり検証

最近はDMMさんの3Dプリントがすごく安いようで、色々検証してみました。

●容積=出力費ぽい

分割してあるフィギュアを
・完成状態
・分割してバラバラに配置
・分割してバラバラにして配置した後、パーツによっては高くなるように向きを変える
以上で見積もってみたところ、値段はすべて同じでした。
なので、縦にしたいけど高くなるから積層痕が問題だけど寝かそう・・ということをしなくても大丈夫です。


●中空にすれば安くなるわけじゃない

容積で測るならでかいものは中空にすればその分安くなるんじゃ!?
と考えて
・通常の立方体
・中空にした立方体
・凹の状態の立方体
の以上3つを見積もってみました。
すると、凹、通常、中空の順に安くなるという結果になりました。
これは、中空にすることで逆に中にサポート材を使うために高くなるのかなと。

しかし、凹の形にすれば少しは安くなるので、
半分にして双方を凹にし、接続面をそれぞれ凸凹にして接続できるようにすれば少しは安くなるのではないでしょうか。


●で、結局のところいくらくらいなの?

自分が製作、出力した10cmのやつであれば平均で1.5kくらいでした。
これはどこのサービスを利用するときも同じなのですが、回数に分けて出力するよりは出来る限り一つにまとめて
出力したほうが安くなります。
なので、バラバラに出すよりは3kほど安くなりました。

ちなみに、この出力費は通常の【アクリル樹脂】ですので、【アクリル樹脂高精度】や【カラーアクリル樹脂】であれば
もう少し高くなります。


●結果的に

3D出力を何回か行っていて、3Dデータの作り方を知っている人であれば使ってみるのはいいのではないでしょうか。
ただやはり、最近はCMをバンバン出していたり、安かったりで利用者がすごく多いので納期通りに受け取れるのは難しいようです。
イベントの前にギリギリだとさらに混むと思うので、ずっと早く余裕持って使うなど計画的にやるのが大事そうですね。

造形したら、分割前に簡単にリダクションして見積もってみるのもいいかもしれませんね。
これも容積で見てくれるメリットですかね。

見積がメールのやり取りではないので色々検証できてありがたかったです。


※ここまで書いたことは、あくまで自分で行った検証出すので、間違っている箇所もあると思います。
 なのでまずは自分で見積もりをしてみるのがいいのではないでしょうか。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。